So-net無料ブログ作成
プロ野球 ブログトップ
前の10件 | -

2年ぶりのブログ更新 水道橋野球観戦記 [プロ野球]

実に約2年ぶりのブログ更新となります。

仕事や子育てに忙しく、ロクに模型弄りもしておりません。
(なのに模型仲間の飲み会には顔を出していますw)
購入した車輛はあれど、パーツすらつけていない状態です。

そんな中、芋電さんより東京ドームでの野球観戦のお誘いがありました。
7月30日、ジャイアンツ対ベイスターズ。
メンバーは激団サンポールの芋電さん、うしぷー(カオス)さん、私の3人。

うしぷーさんはジャイアンツファン。
芋電さんと私は、マリーンズに宗派替えするまでベイスターズ(ホエールズ)ファン。

ちなみに、東京ドームでベイスターズの試合を観るのはなんと11年ぶり。
たしか前に観たときは、タイロン・ウッズが4番だったような・・・。

で、試合。
「三上が怖い」と言っていたら、案の定打たれやがった。
それでもなんとか1点リードで9回2アウトまで山崎がこぎつけた時には、
芋電さんと2人で勝利を確信していました。
・・・3連打を喰らい、逆転サヨナラ負け。

いやぁ、野球は9回2アウトからとかいうけど、ホントにあるんだねえ。
そりゃプロでも10対0からひっくり返されることもあるくらいだし。

試合が終わるまでにビール7杯飲んでたけど、そこからさらに3人で連れ立って行った焼き鳥屋で加速して飲みましたよ。
あんなに後味の悪い試合見たら、そりゃ飲まずにやってられませんって。

試合が3時間半、焼き鳥屋に2時間半は居たでしょうか。
都合何杯飲んだかわかりません。
久しぶりに記憶を飛ばし、気が付いたらなぜか高尾行の成田エクスプレスの中でした。
(もちろん我が家は、水道橋から普通列車で帰ることのできる場所にありますw)

「ベイスターズ、あのサヨナラ負けから沈んじゃったよねぇ」
とならないことを、切に望んでおります。

・・・マリーンズですか?・・・今年は触れなくていいでしょうw

今日はここまで。





平成26年 9・10・11度目の野球観戦 [プロ野球]

マリーンズは1週間前の10月1日に全日程を終了。
これを書いているのが10月8日なので、今日のバファローズ対イーグルス、ベイスターズ対スワローズが終われば、今シーズンのプロ野球全日程が終了ということになります。

今年のマリーンズ、見所がなかったですね。
強いてあげるとすればデスパイネ選手くらいでしょうか。

JAMを前後してもう3試合ほど野球を見に行っていたので、忘れないためにブログにあげておきます。


<今季9度目の観戦 7月27日 対ライオンズ戦 西武ドーム>
IMG_2710.jpg
実はこの試合、前回8度目の観戦の翌日です。
前日の負けがあまりにも悔しく、翌日も見に行ってしまったわけです。
JAMの工作がそろそろ怪しくなってきていた時期でもありましたが、とにかく「鉄道模型より野球が優先!」という気分でした(後日工作の日程がキツキツになったのは言うまでもありません)。

相手が岸投手であったため望み薄の試合でしたが、9回にまさかの逆転で5対3の勝利。
岸投手に負けをつけたのなんて、いつ以来だか覚えていないくらいです。
マリーンズ先発の成瀬投手は相変わらずグダグダ。
金澤選手のプロ入り初ホームランを見るというおまけつきでした。


<今季10度目の観戦 9月10日 対ライオンズ戦 QVCマリン>
IMG_2816.jpg
CSの可能性も薄くなりつつあった9月の試合・・・はっきり言って既に消化試合です。
デスパイネ選手のホームランが見たくて球場に足を運んだのですが、この日ホームランを放ったのはクルーズ選手でした。

先発はルーキーの石川投手で、リリーフは大谷-松永-益田投手。
前日ライオンズ森選手にホームランを打たれた西野選手の登板はなし。
最後は追い上げられて、4対3でのヒヤヒヤの勝利。
今シーズンの松永、益田両投手は見ていて全く安心できません(今シーズンもか)。
この時点でルーキーの石川投手が8勝目となりましたが、他の先発陣はだらしないですね。


<今季11度目の観戦 10月1日 対ライオンズ戦 QVCマリン>
IMG_2820.jpg
今シーズンの最終戦です。
順位なんぞどうでもいい。
来年の春までマリーンズの公式戦が見られないのは寂しいので、冷たい風の中見に行ってきました。
最終戦ということもあって、ライトスタンドは埋まってましたね。

結果は7対0でマリーンズの完勝。
先発石川投手がプロ入り初完封(しかも無四球)で10勝目を挙げました。
代打で出たデスパイネ選手のホームランも、最終戦にして見ることができました(打たれたのがライオンズ中郷投手というあたりが物悲しいですが)。

終了後、両チーム応援団によるエール交換、伊東監督の挨拶、マリーンズ応援団による野手応援歌のメドレーという流れでした。
塀内選手、G.G佐藤選手、神戸選手の応援歌を久しぶりに聞き、「あぁ、もう来年はこれらの応援歌を聞くことはないんだなぁ」と思いつつ、帰宅の途につきました。


これで今年の観戦は終了。
今年の戦績は、11戦観戦して6勝5敗ですから、チームの勝率より上でよかった。
来年こそマリーンズが・・・・いや、マリーンズはマリーンズのままだろうな・・・・w

今日はここまで。

平成26年 5・6・7・8度目の野球観戦 [プロ野球]

今年のマリーンズの負け方っていうのは、本当にタチが悪い。
継投ミス、打線、不用意な四死球に失策・・・・。
もっとも勝った試合だって、「もう少し楽に勝てる試合だった」というのも多い。
「今年の」とは書いたものの、「ここ近年の」と書いても同じ気がする。

観に行った試合について、ひとつずつコメントするのも馬鹿馬鹿しいのですが、
私の備忘録だと思っておつきあいください。


<今季5度目の観戦 6月29日 対バファローズ QVCマリンフィールド>
IMG_2680.jpg
2対1でマリーンズの勝利。
奇跡的にバファローズ打線を、石川投手ー西野投手のリレーで1点に抑える。
この試合と次のホークス戦(1-0でマリーンズの勝利)がなかったら、
もしかするとシーズン公式戦18連敗の記録超えもあったのでは、と思ってました。


<今季6度目の観戦 7月6日 対ファイターズ戦 QVCマリンフィールド>
TS3J0090.jpg
涌井投手がファイターズに先制点を献上(いつものことですが)。
一度は逆転するも、今江選手のエラーをきっかけに同点に追いつかれる。
9回裏2死、サヨナラのチャンスで清田選手が初球を打ち上げてファールフライ。
延長11回表、遊撃に入った細谷選手のエラーで決勝点を献上。
その裏、三者凡退で無抵抗のまま敗戦。

細谷選手なんか、よその球団なら2年位前に解雇になるレベルだと思う。
解雇してしまうと2軍の試合が成立しなくなるので、クビにならずに済んでいる。
これは大松選手、塀内選手、神戸選手、早坂選手あたりにもいえること。
つくづくマリーンズってのは、面倒見がいい球団だと思う(もちろん嫌味です)。

ここ何年かは、高卒などの若い選手の獲得を積極的に行わず、
「ファーム」自体が本当の意味で「ファーム」になっていないのが現状。
中堅~ベテランといわれる選手が2軍で活躍して1位にいても、ファンは喜びませんよ。


<今季7度目の観戦 7月9日 対ライオンズ戦 西武ドーム>
IMG_2686.jpg
2回までに3点をリードするも、その2回裏に唐川投手が打たれて5点を献上。
4回に1点を返して多少の期待を持たせたものの、あとはズルズル失点しておしまい。
今年の唐川投手、成瀬投手が先発するときの典型例みたいな試合でした。

2点差で迎えた5回裏の失点は失策がらみ。
対戦競技は、致命的なミスをした方が負ける確率が高いのは当たり前です。


<今季8度目の観戦 7月26日 対ライオンズ戦 西武ドーム>
画像を撮るの忘れてました。
先に3点をリードするも、涌井投手がそれを食いつぶし、6回裏に逆転される。
上に書いたことと相反するが、先に致命的と思われるミスを犯したのはライオンズ。
にもかかわらず、それを生かせないのが我がマリーンズ。

球審の原審判員の判定もかなりひどいものがあった。
①ストライク・ボールの判定が一定しない。
 特に6回裏1死2塁、ライオンズ炭谷選手に投じた球をボールと判定したのには唖然。
②6回裏1死3塁、ライオンズ秋山選手が空振三振・・・・と思われた。
 振り逃げを狙って秋山選手も一塁方向へ走りかけているのに、ファールの判定。
 これをきっかけに抗議した伊東監督は退場。
③マリーンズ川本捕手が感情的になったことに対する報復措置なのか、
 その後マリーンズの攻撃時には、ことごとく内角のきわどい球をストライクの判定。

応援しているチームが負けるのは仕方がない。
しかし、審判の判定でせっかく楽しみにしていた試合を壊されるのはねぇ・・・・。
(少なくともこの試合、私自身はそう思っている)


今季のマリーンズが弱いのは仕方がない。
仕方がないのだが、「弱いなりに楽しませてくれる方法」があるのではないか。
それは試合前のイベントでもなければ、試合途中の花火でもないと思う。
グッズが当たる抽選イベントでもなければ、握手会やサイン会でもないと思う。

具体的にあげろといわれれば難しいが、今までにない攻撃采配
(たとえば岡田選手が出塁したら盗塁はノーサインでフリーにする)とか、
打てなくてもいいから2軍から大嶺翔太選手、井上選手、高濱選手をあげて、
20試合くらい我慢してスタメンで使ってみるとか。
結局のところそれは、監督の考え方次第ということなってしまうのだろうが・・・・。

挙げればいくらでもありそうな気がするのだが。
デスパイネ選手獲得で「はい、おしまい」では、寂しすぎる気がします。


マリーンズのことばかり書いていると、お友達の芋電さんから
「まだ今年マリーンズの試合を観てるの?」
「ちゃんとモジュール作ってる?」
という突っ込みが入りそうなので、この辺でやめておきます。
芋電さん、ちゃんとモジュールも進めてるからねw

今日はここまで。

平成26年 2・3・4度目の野球観戦 [プロ野球]

ブログはすっかりサボりまくりです。
ちなみにNゲージもサボりまくりです。

そんな中、マリーンズ戦の観戦だけは真面目に(?)続けております。


6月1日(日) QVCマリンフィールド  ベイスターズ戦
IMG_2669.jpg
ベイスターズの山口投手が先発転向後、初めて投げた試合。
・・・まさか1-0で負けるとは思ってもみなかった。
ちなみにUCCさんに何か言われそうだが、ひとりで観戦しています。


6月4日(水) QVCマリンフィールド  ドラゴンズ戦
IMG_2670.jpg
6月1日の負けがあまりにも悔しくて、早くその悔しさを払拭するべく観戦へ。
勝つには勝ったが、試合内容はグダグダ。
マリーンズは、基本的に相手のミスがなければ勝てないチームであることを再認識。
ちなみにUCCさんに何か言われそうだが・・・(以下略)。


6月18日(水) 横浜スタジアム  ベイスターズ戦
IMG_2674.jpg
毎年恒例となりつつある、芋電さんとの横浜スタジアムツアー。
確かこれで3度目だったかな。
試合内容は酷いもので、とても振り返る気にはなれない。


今年のマリーンズですが、これ以上の戦いはできないとみています。
最終的にはBクラス、いや、イーグルスの状況次第では最下位争いかもしれません。

中途半端に借金一ケタの4位にいることが、最もタチが悪いw
ぶっちぎりの最下位なら、監督の途中交代とか、ファームとの選手の入れ替えとか、
もう少しほかの楽しみもあろうかと思うのですが・・・。


そろそろ重い腰をあげて、モジュール製作も再開しないと。
今日はここまで。

今年7&8&9度目の野球観戦 [プロ野球]

鉄道模型を弄るヒトにとっては、『お盆と言えばJAM』。
残念ながら今年は出展者として参加しておらず、見に行くこともできませんでした。

お仲間はJAMを見学し、その後は例によって飲み会だったそうですが、
残念ながら私はその飲み会すら参加できませんでした。

決して忙しいわけではなく、なんとこの夏は2週間も休みがあるのです。
実は現在職場の改装中で、その間のお仕事は完全にゼロ。

しかし私は自営業で、職場と実家が繋がっています。
なので職人さんが来る前の解錠、終わってからの施錠が必要で、
工事の時間中は実家に留まらねばならず、出かけたくても出かけられないのです。

そんな中、昨日(8月18日)少しだけ時間が取れたため、
QVCマリンフィールドまで足を運びました。

オールスター明けにも2試合ほど観戦をしていたのですが、
ブログにあげるのを怠っていたため、合わせてご紹介します。


7月24日 西武ドーム L1-4M 勝利投手:古谷
IMG_2553.jpg

7月31日 QVCマリン M6-1F 勝利投手:古谷
TS3J0078.jpg

8月18日 QVCマリン M3-1Bu 勝利投手:古谷
<鈴木大地は2本のタイムリーヒットで、誕生日にお立ち台へ>
IMG_2566.jpg

3試合ともに先発は古谷投手。
別に予告先発を見てから球場に足を運んでいるのではなく、
たまたま観戦に行ける日の先発が古谷投手なのです。
いやはや凄いね、古谷。

西野と古谷が今年活躍していなかったら、
今頃ファイターズ、バファローズとBクラスで順位争いしてただろうに。

7月の状態を見て、こりゃこのままズルズル落ちていくだろうと思っていたマリーンズ。
ところがここへきて踏みとどまっているじゃないですか。

落ちたら鉄道模型へシフトだなと思っていたけど、
このままCSまで行っちゃったら、10月まで鉄道模型そっちのけになっちゃうなw

今日はここまで。

今年6度目の野球観戦 [プロ野球]

相も変わらず模型を弄らず、野球ばかり見ております。

<土曜日>
子供を連れてホタル鑑賞。
一応東京都在住ですが、田舎なので自然のホタルを見られる場所があるんですねぇ。

<日曜日>
妻が子供を連れてお出かけ。
夕方まで洗濯したり、掃除したり、本屋に出かけたり・・・・で一日が終わってしまう。

<月曜日>
昼まで『重要事項説明会』。
何の?・・・・いやね、マンション買うことになっちゃったんですよ(泣)。


説明会後、昼食もそこそこに、気がついたら千葉県千葉市美浜区へ。

IMG_2543.jpg

もうね、試合内容について書く気はさらさらないです。
6回に伊藤義弘が出てきた時点で嫌な予感はしてたんですよ。

あまりに馬鹿馬鹿しい試合内容に、田村の第一打席を見終わったところで球場をあとに。
わざわざ千葉まで見に行って、途中で球場を出たのは初めてです。
(過去に西武ドームでは4回で帰ったことがありますが・・・・)

これで今年のマリーンズ戦の観戦成績は3勝2敗。
・・・・なんだ、ほぼチームの勝率通りじゃないかw

今年のマリーンズについて、言いたいことは山ほどあるんですが、
(去年も一昨年もその前も・・・・っていうか毎年このチームは同じことを繰り返している)
それはまた別の機会にでも。

今日はここまで。

今年5度目の野球観戦 [プロ野球]

6月30日(日)、芋電さんとともにQVCマリンフィールドへ。
今回はホークス戦です。

TS3J0069.jpg
ガラケーの画像・・・・粗いしぶれてるし・・・・酔っぱらってるしw

初回、マリーンズの守備に乱れがあったことは覚えているんです。
2回に打線が繋がり、帆足をノックアウトしたことは覚えているんです。
大嶺が江川にツーランホームランを打たれたことは覚えてるんです。
松永がノーアウト1・3塁を抑えたことは覚えているんです。
9回に南が投げたことは覚えているんです。
娘にお土産を買ったことは覚えているんです。

ただ、鈴木が3本目のタイムリーを打ったシーンが思い出せない。
球場から海浜幕張駅まで、芋電さんと歩いたことが思い出せない。
東京駅で乗り換え線のホームまで、どうやって歩いたか思い出せない。

気がついたら最寄り駅の一つ先の駅まで行っていました。

ビール何杯飲んだっけなぁ・・・・いや、思い出そうと思えば思い出せるはずなんですが、
そこは思い出さないことにしておきましょうw

芋電さん、お疲れ様でした。
二日酔いならぬ四日酔い、大丈夫ですか?

今年4度目の野球観戦 [プロ野球]

またしてもしばらくブログを更新していませんでした。
鉄道模型は最近、全くもって弄ってません。
モジュールに手を出し始めるまで、模型は放置しておくことに・・・・。

さて、先日の日曜日(6月23日)、遠路はるばるQVCマリンフィールドへ。


IMG_2538.jpg

まあ暑いこと暑いこと。
嫁さんは子供を連れて遠出のため、一人での観戦。
好きなだけビールを飲めるって算段です。
(よく覚えていないが、少なくとも6杯は飲んだ気がする・・・・)


IMG_2540.jpg

結果です。
外気温と反比例するかのような、寒い試合内容。
西野が頑張って投げてくれたおかげで、辛うじて勝ちましたが、
最後は益田がいつものドタバタ劇を演じ、酔いは一気に醒めました。
(そうなることを見越して、酔いで神経をマヒさせようとしていたはずなのにw)

とはいえ、勝ち試合を見ることができて良かった。
いやね、前後の22日と24日のファイターズ戦、そして今日のバファローズ戦を見る限り、
どうやら去年の二の舞になりそうな気がしてきたから。

・監督が変わっても、特定の打順を固定したがる。
・その打線が機能せず、ヒットを打てども得点には至らない。
・井口の打率が急降下(いわゆる『夏井口』)。
・先発投手陣に踏ん張りが利かなくなる。
・連鎖的に中継ぎ以降の投手陣も火だるま。
・フロントが十分な補強をしない。
・2軍へ落とすべき選手を落とさず、上げるべき選手を上げない。
・気がつくと首位陥落、8月中旬にはAクラスも危うくなってくる。
・9月の声を聞くころには、4、5位争いをしている。
・ギリギリまで粘ってしまい、来年へ向けての若手起用が遅れる(希望のある若手も少ないが)。

運よくAクラスに残ってクライマックスシリーズへ進出した年以外は、毎年のお約束。
そういってしまえばそれまでなんですが、監督が変わろうとも、
球団代表が変わろうとも、選手の入れ替わりが(多少)あろうとも、
このチームは学習能力がないとしか言いようがないですね。

きっと去年と同じく、最後の望みを託して9月中旬くらいに西武ドームへ観戦に行き、
ボロボロの負け試合を見て、ガンガン野次を飛ばしているであろう自分の姿が
容易に想像できるようになってきたあたり、私は真のマリーンズファンへと昇華できたのでしょうw
おかしなチームのファンになってしまったもんだ、まったく。

ちなみに今週末も、芋電さんと観戦予定。
芋電さん、たぶん週末までに楽天とソフトバンクが上にいるかもよ・・・・。

今日はここまで。

今年3度目の野球観戦 [プロ野球]

5月26日(日)、関内。
ベイスターズ対マリーンズの試合を見に行ってきました。
今回は模型仲間でもある『芋』さん一家と、7人での観戦。
もっとも、うちの子供と嫁さんが観客席にいたのは30分あったかどうか・・・・。

過去にも書いたように、私はマリーンズファンですが、
かつてはベイスターズ(ホエールズ)を応援していました。

勿論マリーンズに勝ってほしいのですが、
ま、最悪ベイスターズ相手なら負けてもいいかという打算もありましたw


IMG_2522.jpg
試合前のマスコットによるミニゲーム対決。
勝ったのはマリーンズのマスコット。
それだけで盛り上がれるマリーンズファンって、ある意味凄いのかもしれない。
『芋』さん曰く、『試合前最大の茶番』w


IMG_2526.jpg
試合が終わりかける間際の一コマ。


IMG_2529.jpg
結果です。


交流戦での最多記録となる、両軍合わせて8併殺という試合でした。

<マリーンズの併殺>
・3回 無死一塁で江村の送りバント失敗による併殺
・4回 無死一三塁で井口の併殺打(マリーンズが先制点をあげる)
・5回 一死一塁、フルカウントから打者の根元が三振、ランナー江村が盗塁失敗

<ベイスターズの併殺>
・1回 一死一三塁でブランコの併殺打(先制機を逃す)
・2回 無死一塁で金城の併殺打
・4回 一死一塁で中村の併殺打
・5回 一死一三塁で三嶋のスクイズ失敗(小フライ、三塁走者戻れず併殺、同点機を逃す)
・7回 一死一塁で金城の併殺打

マリーンズが勝ったから言うわけではないのですが、
試合展開からすると、マリーンズの併殺はいずれも『仕方がない』と納得できる併殺でした。

一方のベイスターズは、あまりにも『お寒い』併殺が続きました。
これがマリーンズファンとしてではなく、ベイスターズファンとして見に来た試合だったら、
おそらくスタンドで『芋』さんと一緒に酷いヤジを飛ばして、大暴れしていたことでしょうw

ベイスターズの三嶋は、前回、前々回の登板でも味方の援護に恵まれず、
今回も8回、112球、被安打6、与四死球0、2失点での負け投手。
心底かわいそうに思いましたが、ストレートの切れもあり、今後が楽しみです。
リリーフで出てきた高崎のように、
『好投すると味方が打てない』という投手にならないことを祈るばかりです。


さて、これで昨年から続いた、『自身が観戦するマリーンズ戦』の連敗は5でストップ。
今年は、昨年のオールスター明けのようにズルズルと失速し、
『見に行く度に負け試合』とならないことを切に願っております。

帰りは『芋』さん一家と中華街で食事をして帰宅。
『汁なし鳥そば』なるものを初めて食べたのですが、非常においしかったです。

マリーンズは勝ったし、お腹も満たされて、意気揚々と帰宅の途につきましたとさ。
めでたし、めでたし。


ちなみに『芋』さんが用意して下さった3850mlのビールを、
「1回裏終了時に二人で飲み干してしまった」のはここだけの話ですw
(勿論その後は売り子からビールを買い、中華街での食事中も飲んでますが・・・・)

今日はここまで。

今年2度目の野球観戦 [プロ野球]

4月10日に横浜戦を見に行って以降、とてつもない体調不良に見舞われました。
頭痛、鼻汁、嗅覚障害、倦怠感・・・・。
絶対に関内で『体に悪そうな何か』をもらってきたとしか思えません。

今週アタマになってようやく回復しました。
よせばいいのに24日、今度はマリーンズの試合を見るため所沢へ。

大して気温も上がらないのに、またもビールをがぶ飲み。
気温以上に、マリーンズにとってはお寒い試合内容でした。
(6回までライオンズの野上相手に2四球のみ)
ちなみに私が座った1塁側のB指定、そのブロック、私しかお客がいませんでした。

完封は免れたものの、『明日も勝てる流れにはならないだろうな』と思いつつ帰宅。
帰ってテレビをつけると、ベイスターズはジャイアンツ相手にもっと酷い試合してましたw
(21被安打17失点でしたっけ?)

で、その『明日』・・・・25日。
なんだよ、川本も鈴木大地もホワイトセルも・・・・どうせなら昨日打ってくれよ・・・・。
どうせ負けると思ってTV観戦すらしなかったら、勝つんだもんなぁ、マリーンズ。
ま、そんなもんなんでしょうけど。

今日はここまで。

<追記>
伊東監督は好きでも嫌いでもないが、
『ショート鈴木大地、セカンド根元、ファースト井口』には賛成。
ショート根元からのファーストへの送球・・・・あれは本当に胃が痛くなりますからw

前の10件 | - プロ野球 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。