So-net無料ブログ作成
検索選択
鉄道模型(Nゲージ)・その他 ブログトップ

だいぶ遅くなりましたが、本年もよろしくお願い致します。 [鉄道模型(Nゲージ)・その他]

新年が明けて10日ほど経ちました。
遅くなりましたが、本年もよろしくお願い致します。

1月5日より、何かを思い出したかのようにNゲージを弄っております。
去年は、特に夏過ぎからはほとんどといっていいほど弄ってませんでしたからね。
で、今年の目標は『鉄道模型に関して、1日30分でいいから何かしらする』。

手始めに、購入後放置していた車間短縮ナックルカプラー(KATO)への交換。
黒は過去にUSA版のものを持っていたのですが、今回の国内版はグレーも発売。
・・・・何をいまさらな話なんですが。

IMG_2623.jpg

現状ウチはアーノルドなので、『反射板付グレーのおしり』である8両だけを交換。
TOMIXとKATOは無加工、マイクロエースはカプラー起始部を一部カットしています。


お次はこれまた購入後放置し、ナンバーすらつけていなかったKATOのDD13。

IMG_2626.jpg

ナンバー&メーカープレートの取り付けと、片側のカプラー交換のみです。
ちなみにカプラーは付属のものではなく、柄の短いEF66ナックルです。
取り付けたはいいものの、試走すらしていない・・・・。


さらにこれまた購入後放置していたBトレの上信電鉄デキ1。

IMG_2632.jpg

素組して、動力化して、GMのパンタ(PS13)をのっけただけ。
こちらは試走をしたものの、やっぱり軽すぎるよなぁ・・・・。
完品を求めているわけじゃないけど、隙間も気になるし・・・・。
一度ばらして、手を加えないとダメかなぁ・・・・。
そんなこといいながら、また放置しそうだけど・・・・。


ここからが本題。
今年は新作モジュールを一つ作らねばなりません。
2月に仲間内の集まりがあるので、それまでに線路だけは敷かないと。
構想はすでに練ってあるのですが、サイズにちょっと難がありましてね・・・・。

IMG_2630.jpg

ベースを作るべくホームセンターで材料こそ購入したものの、
いざ組んでみたら枠組みとなる木材のゆがみがひどくてガッタガタ。
仕方ないので一度ばらしてしまいました。

そんなわけでこの週末に、再度ベースからやり直し。
幸いこの連休で嫁さんが子供を連れて実家へ帰るので、心置きなく作業ができる!

<業務連絡>
芋電さん、週明けにはレールの長さ申告するから、もうちょっと待っててね。


今日はここまで。

寝耳に水 [鉄道模型(Nゲージ)・その他]

貨物貨車などでおなじみの河合商会。
なんでも代理人を通じて、「自己破産の申し立てを行った」との通知が問屋にあったそうです。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1210/17/news089.html

寂しい限りですが、鉄道模型に限らず、物が売れなければ大手でも潰れる時代。
それが現実なんですね・・・・。

そりゃそうだよなぁ [鉄道模型(Nゲージ)・その他]

反射板のお話、本日お休みです。
(加工済みの画像もあるにはあるのですが、長々と文章を書く気力がない)

たまには反射板以外のお話もしてみましょう。

夕食後、久しぶりに簡単なお座敷レイアウトを敷き、車両を走らせる準備をしていたところ、
部屋の前を通りかかった嫁さんに声を掛けられました。
「あら、電車走らせるの久しぶりじゃない?」

彼女はそのまま通り過ぎて行きましたが、私の心の中では、
「これは蒸気機関車と貨車なので、断じて電車ではない!」
と訂正したのですが、恐らくそんな声は届いていないでしょう。

嫁さんが忙しそうにしているので、子供(生後11か月の娘)を抱いて、
初めて模型が走っているところを見せてやりました。

・・・・・大泣きされました。

蒸気機関車の牽引する黒い2軸貨車だらけの編成が、とぐろを巻くようにグルグルと、
しかもシャーシャー音を立てて走っていれば、そりゃ怖いわなぁ。
せめてもう少しカラフルな編成にするべきだったなぁ(反省の色なしw)。

・・・・・どうやら私の手で、鉄子への道を遠ざけてしまったようです。

今日はここまで。

鉄道古書 [鉄道模型(Nゲージ)・その他]

いきなりですが、皆さんは鉄道模型誌って購入されますか?

月刊でいえばRM MODELSや鉄道模型趣味、隔月だとN(エヌ)といったところでしょうか。
TOMIXのキロポストなんてのもありますね。
もちろん実車を扱う鉄道誌を含めれば、結構な数になります。

私はというと、『立ち読みして、内容的に欲しいものであれば購入』というスタンスです。

さて、私がNゲージを再開したのは2008年の秋頃ですから、早3年が経ちます。
それ以前は鉄道模型趣味こそ知っていたものの、RMMやNの存在など知りませんでした。

ネットのおかげで過去に特集された内容は確認できますし、
比較的私の周りには、これらバックナンバーを取り扱う模型店が多いため、
「これ読んでみたいなぁ」と思うものも、手に入りやすい環境です。

しかしこれらの模型店、バックナンバーも全て定価です。
(一部古書を扱うお店も開店したのですが、ものによっては古書のくせに高すぎる)

ありがたいことに、これまたネットを調べれば、鉄道古書専門店も検索できる世の中。
そんなわけで最近は、Nゲージ再開前のものや買い逃したものを、古書で購入しています。


IMG_2131.jpg

上の3冊、全て違うお店で購入したのですが、各々の送料を入れても定価の4分の1。
お金を掛けずに暇をつぶすには、もってこいかもしれません。

この手の本が面白いなと思うのは、『模型雑誌であること』かと思います。
これ、どういう意味か分かります?

普通、広告を出してもらっているメーカーの製品をこきおろすことはしにくいと思いますが、
『車高がおかしいので、他社の床板を使用して加工する』だの、
『前回品と金型が変わっていないので、どこそこが実車にそぐわないまま』だの、
ステップの位置が違うので、これを切断してサードパーティーのパーツを付ける』だの、
よくよく考えると、『ものによっては完成品の精度が低い』って言っているわけですよね。
(もちろん逆に、完成度が高いと評価しているものもありますが)

実車の雑誌だったらそれでもいいんでしょうが、模型雑誌は製品ありきですからねぇ。

ま、それだけ鉄道模型は宣伝媒体が少ない世界であるのと同時に、
「ユーザーは好きに弄って下さい、もちろん自己責任で」
という、メーカー側から見ても『寛容な趣味の世界』なのだと、私は勝手に認識しています。

とりとめもない話でスイマセン。
今日はここまで。

比較 [鉄道模型(Nゲージ)・その他]

私は基本的に、車両に執着がありません。
なので、あまり走らせていない車両はおろか、苦労して自分の足で探した車両、
限定品であろうとも、『急激に興味が薄れた瞬間』に売ってしまうことがあります。

今回は、中古買い取り模型店の買い取り価格についてを比較してみました。

ちなみに、私はオークションで買うことはあっても、出品することはまずありません。
なぜなら、正直やり取り(連絡・入金確認・梱包発送)が面倒くさいから。

もうひとつの理由として、模型店で新品を買うのも、オークションで落札するのも、
中古屋へ売るのも、あくまで自分側が有利でいられるから。

落札者に文句付けられるなんてもってのほか。
私は常に『お客の側』『文句を言うことのできる側』でいたいのです。
この考え方は、普段の仕事によるストレスのあらわれかもしれません。

さて本題です。

<今回事前に見積もりを出してもらった商品>
(1) KATO 8025 ワラ1 KATOカプラーへ交換
(2) KATO 8025 ワラ1 KATOカプラーへ交換
(3) KATO 8029 ワム90000 KATOカプラーへ交換
(4) KATO 5127-2 オハ35ブルー KATOカプラーへ交換
(5) KATO 5128-2 オハフ33ブルー KATOカプラーへ交換
(6) KATO 5133-2 スハ43ブルー KATOカプラーへ交換
(7 )KATO 5134-2 スハフ42ブルー KATOカプラーへ交換
(8) KATO 5135-2 オハ47ブルー KATOカプラーへ交換
(9) KATO 8005 スニ40 KATOカプラーへ交換・箱なし
(10) KATO 8026 スユ44 KATOカプラーへ交換・箱なし
(11) KATO 8045 チキ5500 2両セット KATOカプラーへ交換
(12) KATO 3010-4 EF81-500 JR貨物色
 ナンバープレート取り付け済み(501号機)・残あり
 パーツ取り付け済み・残あり
 スロネフE26ナックルカプラーへ交換・付属カプラーあり
 旧ロット(緑/ピンクのインサート)
(13) KATO 3023-2 EF64-1010 JR貨物試験色
 ナンバープレート取り付け済み・残なし
 パーツ取り付け済み・残一部あり
 新ロットのEF64-1000カプラーセットと交換(元の部品あり)
 ナックルカプラー装着・付属カプラーあり
(14) KATO 3063 EF16
 ナンバープレート取り付け済み(22号機)・残あり
 CSナックルカプラーへ交換・付属カプラーあり
(15) KATO 10-245 コキ106 19Dコンテナ積載 2両セット
 旧ロット(コンテナにエコレールマークなし)
 ハンドルおよび反射板取り付け済み
(16) KATO 10-245 コキ106 19Dコンテナ積載 2両セット
 旧ロット(コンテナにエコレールマークなし)
 ハンドル取り付け済み・反射板未取り付け(欠損)
(17) KATO 10-245 コキ106 19Dコンテナ積載 2両セット
 旧ロット(コンテナにエコレールマークなし)
 ハンドル取り付け済み・反射板未取り付け(未使用)
(18) KATO 10-317 コキ104 2両セット JRF表記
 紙ケース摺れあり
 ハンドル取り付け済み
(19) マイクロエース A3251 コキ106+UA47・日本通運「エコライナー31」
 付属品あり
(20) マイクロエース A3251 コキ106+UA47・日本通運「エコライナー31」
 コンテナなし
 付属品あり


<査定額の回答>
地元のH店:そのお店のみ使えるクーポンで16000円、現金なら13400円
東京のR店:回答なし
東京のY店:回答なし
東京のP店:現金15280円
愛知のT店:現金8220円
愛知のR店:現金12300円
大阪のP店:現金17050円

回答のなかった2店については、おそらく私がExcelで作った一覧表を添付したため、
メール自体を開封してくれなかったのではないかと思います。

ちなみに、大阪のP店はわざわざ
「添付ファイルウイルス感染の恐れを考慮し、当店では開封いたしません」
「直接メールの本文にコピー&ペーストして、再度メールをお送り下さい」
という連絡をくれました。

ここまでやれば、客側も納得すると思うんですが、
メールの返事すらよこさないなんて、店側の対応としてはどうかと思うんですが・・・。

なおこの7店のうち、地元のH店を除く6店は、RMMに広告を出している店です。
愛知のT店なんて、見開き2ページくらいで広告出していたかと思うんですけどねぇ。

ま、それぞれのお店の在庫なども考慮してのことかとは思いますが、
しかしねぇ、8220円と17050円じゃ・・・・。

皆様の参考になるかどうかは分かりませんが、
中古模型店にお手持ちの車両を売却の際は、是非、事前の見積もりを。
(オークション出品時の、スタート価格にするのもありかもしれないですね)

今日はここまで。

鉄道模型(Nゲージ)・その他 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。