So-net無料ブログ作成
鉄道模型(Nゲージ)・車両ケース ブログトップ

収納 [鉄道模型(Nゲージ)・車両ケース]

まずは本題以外の話から。

先日、KATO製EF64-1000(JRF)のカプラー交換をしていたところ、
外したカプラーセットを床へ落とし、勢い余って
椅子の脚で轢いてしまうという失態をやらかしました。

カプラーセットはバッキバキに割れてしまい、もはや修復は不可能。
不幸中の幸いはスノウプロウを先に外してあったこと。

「Assy探して、3024-1Cがなかったら、3023-1C(一般色のカプラーセット)でもOKだな」
なんて気軽に考えていたのですが、ネットをくまなく探しても、『在庫なし』ばかり。

困った時は、模型仲間の『海無し』さん。
過去にも買い出しに行かれる際、
近隣店やネットで見つからないパーツをお願いしたことがあります。

「それ、どこ行っても在庫ないですよ」とのお返事でしたが、
海無しさんが現在未使用のカプラーセットをお持ちとのことで、譲っていただきました。

持つべきものは模型仲間・・・・ありがたいことです。
この場を借りてお礼申し上げます。


さて本題。
今日のブログのタイトルは収納。

皆さんはTOMIXの機関車、どのように収納していますか。

最近でこそCASCOの1両用収納ウレタンや、機関車用ウレタンが発売されましたが、
それ以前はネットで検索をかけてみると、皆様色々な方法をとられていたようで。

・100均のファイルケースに、スチレンボードで仕切りを作って収納
・KATOやCASCOの車両ケースに、ウレタンを加工して収納
・元箱の発泡スチロールを切り、KATOのクリアケースに収納し、
 さらにそれをKATOのクリアケース7両用ブックケースへ収納        などなど

カプラーを片側アーノルドに戻したこともあり、また最近はコスト削減に努めているゆえ、
CASCOの1両用ウレタンや機関車用ウレタンの採用は却下です。

加えて私は車両の加工同様、
ウレタンさえまっすぐ切ることが出来ない男なので、
加工なしで納める方法を考えてみました。

用意したのは100均の発泡スチロール(10mm厚)と、B5サイズの幅広ファイルケース。
あとは手元にあった袋状のプチプチ梱包材。

IMG_2129.jpg

手元に4両分の車両がなかった・・・・w
仕方ないので下の2両分はケースと蓋に分けて納めていますが、
蓋をした状態でも、TOMIXのクリアケースがぴったり4両入ります。
ただし横方向には隙間が生じるため、適当な長さに切った発泡スチロールを、
取っ手側に詰めておきます(この時、10mm厚の発泡スチロールがちょうど良い)。

このまま閉じてしまうと、今度は上面に隙間が生じるため、
プチプチを置いて蓋を閉めると、ファイルケース内でクリアケースが固定されます。
なお、プチプチ1枚では薄いため、袋状になっている2枚分がベターです。
(もちろん袋状のものがなければ、二つ折りにすればいいだけの話です)

もっともうちの場合、全ての機関車をブックケースに収納しているわけではなく、
あくまで貸しレへ行くときや、モジュール持ち寄り運転会へ行く時のみの話。
普段は棚に元箱のまま並べてあるだけです。
貨車はそうもいかないので、全てCASCOのブックケースへ移していますけどね。

4両しか入らないため、もったいないといえばもったいない気もしますが、
持ち運びの際のクリアケース破損対策などには、多少『使える』んじゃないでしょうか。

今日はここまで。

鉄道模型(Nゲージ)・車両ケース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。