So-net無料ブログ作成

5thモジュール製作記(5) 競艇場製作への道  [鉄道模型(Nゲージ)・モジュール]

いよいよ今週金曜日からJAM(国際鉄道模型コンベンション)です。

私のモジュールですが、なんとか形にはなりました。
夏休み終了直前に宿題をやる小学生の気分です。
木曜日の設営に行けないため、本日グループの仲間へ預けました。

完全に後追いですが、製作記事を書いておきます。
ブログの更新を怠ったのは、モジュール製作に時間を取られすぎたからですw

前回ブログに書いた鉄道柵を、塗装して固定しました。
IMG_2749.jpg
周囲に草をもって固定穴を隠蔽しています。

牧場柵の外側にはこんな看板を作ってみました。
IMG_2744.jpg
素材は2mm厚のバルサ材。
看板はパワーポイントで作成し、縮小して印刷したものです。

法面の上段は、フォーリッジだのスポンジだので草だらけに。
法面の下段、水面との境は塗装したGMも石垣を接着。
水面は水そのものの色にしてしまいました。
(水深がありそうな感じを出すため、あえて底面を作りませんでした)
IMG_2743.jpg
100均のアクリルガッシュ絵具(緑)で塗装したのですが、イマイチ・・・。
時間がないのでこのまま進めます。

お次は小物の一つ目。
プラ板とエバグリーンのプラ棒を駆使して、さっきとは違う看板を作成。
IMG_2745.jpg

出来上がりはこんな感じです。
IMG_2797.jpg
モザイクが入っているのは、ネットから引っ張ってきた画像やロゴだから。
版権の問題がクリアできているか分からないので、念のため。

さてはて小物の二つ目、オーロラビジョンです。
実は静岡トレインフェスタ前に試作をしていたのですが、形が悪く明るさも足りない。
プラ板&プラ棒で作成した枠だけ流用し、作り直しました。
IMG_2741.jpg
テープ型LEDを12連で切り出し、アルミテープを張った枠内へ固定。
ビジョンの部分はネットから引っ張ってきた画像をトリミングして縮小印刷。
さらにそれをラミネーターでパウチし、切り出しました。
(またもやモザイクが入っているのは、さっきと同じ理由)

完成品はこちら。
IMG_2758.jpg
IMG_2774.jpg
簡単に書いていますが、後面だけ波板のプラ板を使ったり、
機械室のドアをつけてみたり、側面に通気口をつけてみたり・・・。
それなりに拘って作ったのですが、正直あまり目立ちません。
ちなみにベース下へLEDの配線を回してあり、9V形の電池で光ります。

小物の三つ目は、激突防止用のガードレールです。
IMG_2747.jpg
100均で売っていた波形のカラーダンボールを使用しました。
色はそのままで、茶系のチョークでウェザリング。
つなぎ目は木工用ボンドでカラーペーパーを巻いただけの簡単工作です。

ここまでをまとめると、こんな感じになります。
IMG_2750.jpg

今日はここまで。

5thモジュール製作記(4) 競艇場製作への道 [鉄道模型(Nゲージ)・モジュール]

気がつけば8月。
JAMまで3週間足らずとなってしまいました。

お仲間も徐々に工作が進んできており、そろそろ私も本腰を入れます。
その前に、いいかげん何を作っているのか明らかにしておきましょう。
タイトルにも書いたように、今回は『競艇場』がメインです。
そのメインが工作の過程上、一番後回しになるのがやや不安ですが・・・。


まずは色合いがいまいちだった法面を修正。
IMG_2730.jpg
パイプを白で塗り直し、コンクリ壁はエナメル塗料と汚しでカバー。


お次は法面の上段。
ここは牧場にします。
競艇場の爆音が轟く牧場の牛なんて、乳の出が悪いだろうなw

情景模型のお約束ともいえるマッチ棒とシナ材で牧場柵を作ります。
IMG_2715.jpg

作り方というほどの工程もないので、完成した状態の画像。
IMG_2722.jpg
柵のついでに木(KATOが販売しているNOCHのユリの木)も植えて、
周囲にはクローバーをイメージしたコースターフを撒きました。

牧場の全体像はこんな感じになります。
IMG_2729.jpg
最後に牛を並べるとして、ここは終了。


バラストの外側(牧場側)には鉄道柵を作ります。
IMG_2717.jpg
これまたお約束ともいえる手法ですが、
エバーグリーンのH型プラ棒(2.0㎜)をちまちまと切りだし、
ピンバイスで0.6㎜径の穴をあけていきます。

塗装&汚し後です。
IMG_2738.jpg
画像が暗くて見にくいですが、サフ、グレー系の缶スプレーを吹き、
その上からかなり薄めたエナメル(ハルレッド、ダークブラウン)を塗布。
あとは手持ちの洋白線を通し、地面へ埋めていく予定です。


実はもう少し工作は進んでいるのですが、
一度に出すとブログのネタがなくなるので、この辺にしておきますw
競艇場の水面までたどり着けるかなぁ・・・。

今日はここまで。

平成26年 5・6・7・8度目の野球観戦 [プロ野球]

今年のマリーンズの負け方っていうのは、本当にタチが悪い。
継投ミス、打線、不用意な四死球に失策・・・・。
もっとも勝った試合だって、「もう少し楽に勝てる試合だった」というのも多い。
「今年の」とは書いたものの、「ここ近年の」と書いても同じ気がする。

観に行った試合について、ひとつずつコメントするのも馬鹿馬鹿しいのですが、
私の備忘録だと思っておつきあいください。


<今季5度目の観戦 6月29日 対バファローズ QVCマリンフィールド>
IMG_2680.jpg
2対1でマリーンズの勝利。
奇跡的にバファローズ打線を、石川投手ー西野投手のリレーで1点に抑える。
この試合と次のホークス戦(1-0でマリーンズの勝利)がなかったら、
もしかするとシーズン公式戦18連敗の記録超えもあったのでは、と思ってました。


<今季6度目の観戦 7月6日 対ファイターズ戦 QVCマリンフィールド>
TS3J0090.jpg
涌井投手がファイターズに先制点を献上(いつものことですが)。
一度は逆転するも、今江選手のエラーをきっかけに同点に追いつかれる。
9回裏2死、サヨナラのチャンスで清田選手が初球を打ち上げてファールフライ。
延長11回表、遊撃に入った細谷選手のエラーで決勝点を献上。
その裏、三者凡退で無抵抗のまま敗戦。

細谷選手なんか、よその球団なら2年位前に解雇になるレベルだと思う。
解雇してしまうと2軍の試合が成立しなくなるので、クビにならずに済んでいる。
これは大松選手、塀内選手、神戸選手、早坂選手あたりにもいえること。
つくづくマリーンズってのは、面倒見がいい球団だと思う(もちろん嫌味です)。

ここ何年かは、高卒などの若い選手の獲得を積極的に行わず、
「ファーム」自体が本当の意味で「ファーム」になっていないのが現状。
中堅~ベテランといわれる選手が2軍で活躍して1位にいても、ファンは喜びませんよ。


<今季7度目の観戦 7月9日 対ライオンズ戦 西武ドーム>
IMG_2686.jpg
2回までに3点をリードするも、その2回裏に唐川投手が打たれて5点を献上。
4回に1点を返して多少の期待を持たせたものの、あとはズルズル失点しておしまい。
今年の唐川投手、成瀬投手が先発するときの典型例みたいな試合でした。

2点差で迎えた5回裏の失点は失策がらみ。
対戦競技は、致命的なミスをした方が負ける確率が高いのは当たり前です。


<今季8度目の観戦 7月26日 対ライオンズ戦 西武ドーム>
画像を撮るの忘れてました。
先に3点をリードするも、涌井投手がそれを食いつぶし、6回裏に逆転される。
上に書いたことと相反するが、先に致命的と思われるミスを犯したのはライオンズ。
にもかかわらず、それを生かせないのが我がマリーンズ。

球審の原審判員の判定もかなりひどいものがあった。
①ストライク・ボールの判定が一定しない。
 特に6回裏1死2塁、ライオンズ炭谷選手に投じた球をボールと判定したのには唖然。
②6回裏1死3塁、ライオンズ秋山選手が空振三振・・・・と思われた。
 振り逃げを狙って秋山選手も一塁方向へ走りかけているのに、ファールの判定。
 これをきっかけに抗議した伊東監督は退場。
③マリーンズ川本捕手が感情的になったことに対する報復措置なのか、
 その後マリーンズの攻撃時には、ことごとく内角のきわどい球をストライクの判定。

応援しているチームが負けるのは仕方がない。
しかし、審判の判定でせっかく楽しみにしていた試合を壊されるのはねぇ・・・・。
(少なくともこの試合、私自身はそう思っている)


今季のマリーンズが弱いのは仕方がない。
仕方がないのだが、「弱いなりに楽しませてくれる方法」があるのではないか。
それは試合前のイベントでもなければ、試合途中の花火でもないと思う。
グッズが当たる抽選イベントでもなければ、握手会やサイン会でもないと思う。

具体的にあげろといわれれば難しいが、今までにない攻撃采配
(たとえば岡田選手が出塁したら盗塁はノーサインでフリーにする)とか、
打てなくてもいいから2軍から大嶺翔太選手、井上選手、高濱選手をあげて、
20試合くらい我慢してスタメンで使ってみるとか。
結局のところそれは、監督の考え方次第ということなってしまうのだろうが・・・・。

挙げればいくらでもありそうな気がするのだが。
デスパイネ選手獲得で「はい、おしまい」では、寂しすぎる気がします。


マリーンズのことばかり書いていると、お友達の芋電さんから
「まだ今年マリーンズの試合を観てるの?」
「ちゃんとモジュール作ってる?」
という突っ込みが入りそうなので、この辺でやめておきます。
芋電さん、ちゃんとモジュールも進めてるからねw

今日はここまで。

5thモジュール製作記(3) [鉄道模型(Nゲージ)・モジュール]

6月も残すところ1週間となりました。

モジュール製作、再開です。
そろそろ重い腰をあげないと、JAMに間に合わなくなる・・・。
(今年は2年ぶりに『激団サンポール』の一員としてJAMに出展します)

前回モジュールを弄ったのが、静岡トレインフェスタ前の4月半ば。
・・・・2か月さぼってました。

とりあえず法面から再開。

内径9㎜の真鍮パイプをちまちまと切り、プライマー処理後に塗装。
IMG_2675.jpg

こいつを法面に木工用ボンドを用いつつ、これまたちまちまと埋め込む。
IMG_2678.jpg

拡大するとこんな感じ。
IMG_2679.jpg


少しは法面がリアルになるかと、こんなことをしてみたのですが、
いかんせんパイプの色が法面の色に同化してしまいました。

また、サイズが少し小さすぎたかもしれません。
(目立たせたかったら、オーバースケールで良かったかも)
最終的には半分以上が隠れてしまう予定なので、ま、いいか。

相変わらず何を作ってるのか良く分かりませんね。
仲間内には正体をバラしているので、あえて秘密にする必要もないのですが、
今のところ全くそれらしい形になっていないので・・・・。

今日はここまで。

平成26年 2・3・4度目の野球観戦 [プロ野球]

ブログはすっかりサボりまくりです。
ちなみにNゲージもサボりまくりです。

そんな中、マリーンズ戦の観戦だけは真面目に(?)続けております。


6月1日(日) QVCマリンフィールド  ベイスターズ戦
IMG_2669.jpg
ベイスターズの山口投手が先発転向後、初めて投げた試合。
・・・まさか1-0で負けるとは思ってもみなかった。
ちなみにUCCさんに何か言われそうだが、ひとりで観戦しています。


6月4日(水) QVCマリンフィールド  ドラゴンズ戦
IMG_2670.jpg
6月1日の負けがあまりにも悔しくて、早くその悔しさを払拭するべく観戦へ。
勝つには勝ったが、試合内容はグダグダ。
マリーンズは、基本的に相手のミスがなければ勝てないチームであることを再認識。
ちなみにUCCさんに何か言われそうだが・・・(以下略)。


6月18日(水) 横浜スタジアム  ベイスターズ戦
IMG_2674.jpg
毎年恒例となりつつある、芋電さんとの横浜スタジアムツアー。
確かこれで3度目だったかな。
試合内容は酷いもので、とても振り返る気にはなれない。


今年のマリーンズですが、これ以上の戦いはできないとみています。
最終的にはBクラス、いや、イーグルスの状況次第では最下位争いかもしれません。

中途半端に借金一ケタの4位にいることが、最もタチが悪いw
ぶっちぎりの最下位なら、監督の途中交代とか、ファームとの選手の入れ替えとか、
もう少しほかの楽しみもあろうかと思うのですが・・・。


そろそろ重い腰をあげて、モジュール製作も再開しないと。
今日はここまで。

備忘録 [雑記]

すっかりブログの更新を怠っておりました。
色々ありまして、なかなかブログにまで手が回りませんでした。

とりあえずこの3か月の出来事をメモしておきましょう。

<2月>
怒りに任せて書いた前回のブログ(大雪の件)と同じ頃、妻の第二子妊娠が判明。

<3月>
ついに新居へ引っ越し。
引っ越し自体は3月下旬だったのですが、妻のつわりがひどく、
早々にモジュール製作を諦めて上旬から引っ越しの準備に追われる。

<4月>
妻のつわりは相変わらずで、引っ越しの荷物の片付けが続く。
ようやく4月中旬には一段落。
娘の水泳教室の送り迎え係も拝命する(泣)。

モジュールの製作を再開するも、さして進まず。

4月16日、西武ドームにて今年初のプロ野球観戦。
6-2でマリーンズの勝利。
昨年からの「見に行った試合で古谷が先発」の連勝記録は継続。

4月26日~27日と、静岡トレインフェスタへ参加。
未完成のモジュールを持って乗り込み、ひたすら呑んで帰る。

<5月>
G.Wは嫁さんのつわりを考えて近場で遊んでおしまい。
比較的だらだらと過ごす。

G.W明け、つわりの嫁さんと仕事を代わり、初めて子供の保育園の遠足へ行く。
どうもあの手のイベントは馴染めない。

・・・・で、現在に至るわけですが、全然模型を弄ってない!

年明けに宣言した今年の目標、
『鉄道模型に関して、1日30分でいいから何かしらする』は、
早くも崩れ去っています。

そろそろまた手を動かさないとなぁ・・・・。


今日はここまで。

大雪の報道<<オリンピックなの? [雑記]

4日ぶりの帰宅です。
といっても、別に出張していたわけではありません。
全ては大雪のせいです。

私の住まいは東京都の最西端、職場(実家)は山梨の最東端にあります。
電車では最寄駅間が最短で24分、高速道路でも同じような時間で到着できる距離です。

ご存知のとおり今回の大雪により、中央道は山梨県内全域で通行止め、
国道20号も通行止め、中央本線も高尾以西が運休という状況となりました。

翌日出勤できなくなる可能性を考え、金曜日の仕事後にそのまま実家へ泊まりました。
その「翌日」である土曜日の朝起きると、既に山梨県は陸の孤島となっていました。

職員が出勤できない状況にあり、仕事は臨時休業。
とりあえずできる限りの雪かきをし、あとは市の除雪を待つしかない状況。

車は屋根に積もった雪と地面の雪とですっぽり埋まり、
辛うじて「そこに車がある」のが分かる状態でした。

市内のスーパーからは徐々に生鮮品が消え、パンが消え・・・・。
新聞は本日まで3日間配達がありませんでした。

大月では雪で立ちいかなくなった電車の中で3泊もしている方がいるとか。
(除雪のためにEF64-37が来たらしいのですが、脱輪したらしいです)

これだけの状況にもかかわらず、山梨県知事が古屋防災担当大臣にSOSを出し、
「職員の派遣を検討する」という返事を得たというニュースを聞いたのが16日の夕方。
県も国もそれまで何をしていたんだろう?
それともこの報道が、その時間まで流されなかっただけ?

加えて腹立たしかったのが、山梨の大雪被害の詳細を各テレビ局が伝えだしたのは
日曜日の夜になってからがほとんどだったこと。

そんなにオリンピックが大事なんですか?

オリンピックの放映権でいくらお金がかかっているのか知れませんが、
地デジならサブチャンネルで放送するという手があるでしょう。

特に某・半国営放送は、雪の被害状況をメインで取り上げるべきではなかったのか?
非常事態宣言がなされなければ、何をメインで取り上げてもいいのか?

羽生選手が金メダルを、葛西選手が銀メダルを獲得したことは喜ばしいことです。
しかし各テレビ局が、同じようなオリンピックの情報を繰り返し伝えることに、
今回は心の底から「馬鹿か」と言いたくなりました。

ウチの嫁さんは学生時代を高知で過ごしているのですが、
在学中に大雨の被害に見舞われたことがあったそうです。
しかしながら、全国ニュースでそのことが取り上げられた時間はごくわずかで、
当時の橋本高知県知事が「東京が良ければそれでいいのか!」
と怒りをあらわにしたことがあったそうです。

私の実家がある山梨の最東端は、いわゆる東京キー局の放送が全て視聴できます。
出てくるニュース映像は「東京駅です」「新宿駅です」「渋谷です」・・・・。
交通情報も天気予報も、『東京都心部の雪は落ち着いたからいいんじゃない?』
といわんばかりの姿勢にすら見えてきてしまうのは、田舎者のひがみでしょうか。

怒りにまかせてずらずらと書いてきましたが、東京都からごく近い山梨県が
このような悲惨な状況になっていることを、少しでも分かってもらいたかったのです。

今後、全ての陸路が寸断されないような対策を、早急に考えてもらいたいものです。

今日はここまで。

5thモジュール製作記(2) [鉄道模型(Nゲージ)・モジュール]

2月8日、大雪の中静岡へ行ってきました。

目的は激団サンポールの集まりで、本来は静岡トレインフェスタへ向けての
モジュール接続試験だったわけですが、車での移動は断念しました。
(電車での移動もかなり大変でしたが・・・・)

もちろんモジュールの搬送も諦めました。
同様のメンバーも多数おりモジュールがそろわず、結果的にただの飲み会に。
モジュールなしでもいつも以上に盛り上がっていたような気がするのは私だけ?w

・モジュールの設営&片付けがなかった
・車ではないので昼間からビールが飲めた

多分このあたりがいつもより盛り上がった要因ではないかと・・・・。
出席の皆様、お疲れ様でした。


さて、私のモジュールの進み具合はといいますと・・・・

IMG_2647.jpg

こんな感じです。
何を作っているのかさっぱりわからないでしょうw

線路面の地形は、100均の石粉粘土でざっくりと作成。
下地にはタミヤのテクスチャーペイントやターナーのグレインペイント、
100均のアクリルガッシュ絵具を混ぜたものでかなり適当に塗装。
その上にパウダーを捲いておしまい。

バラストはモーリンの灰色と褐色、KATOの灰色を混ぜたものを捲き、
ボンド水で固定後に、タミヤのスミ入れ塗料などで軌道の内外を汚しました。

簡単に書いていますが、久し振りのバラスト捲きで思うようにいかず、
一度バラストを全面撤去してやり直しています。
・・・・やり直す前とあんまり変わってないような気もするんだけど。

手前の未塗装部分は法面です。
これも100均の粘土ですが、近隣店の石粉粘土が品切れで、
木粉粘土というものをかわりに使ってみました。
石粉粘土とあまり大きな差はなさそうです(木粉の方が若干軽いかな)。

さらにその下の石垣は、グリーンマックス製のもの。

仲間内には何を作っているのかバラしたんですが、
自分で作りながらこれが本当に「その形」になるのか、やや不安です。
それらしき景色が出てきたら、正体をバラしましょうかね。

今日はここまで。

5thモジュール製作記(1) [鉄道模型(Nゲージ)・モジュール]

今年も新作のモジュールを作らねばならない時期がやってきました。

以前から当ブログをお読みの方はご存知かと思いますが、
私は『わりばし会』なるNゲージのモジュールを作る集団に属しており、
(モジュールを肴に酒を飲む集まりといった方が正しい)
いくつかの会の集合体が『激団サンポール』となります。

以前はJAMに出展しており、昨年からは東静岡のグランシップで
G.W前後に行われる『トレインフェスタ』に出展しております。

今年も出展予定で、我が会のおきてとしては、
『つべこべ言わずに新作のモジュール作って持ってこい!』というものがあります。
未完成であったり、完成していても接続不良を起こした日には、
駿河湾に沈められるという恐ろしいペナルティが待っていますw

昨年トレインフェスタに持ち込んだ私のモジュールは、
一昨年のJAMで既に一度並べたものであり、今年こそは新作を作らねばなりません。

そんなわけで、今年の新作スタートです。
どんな情景を作っているかは、おいおい明かしていきたいと思います。

IMG_2642.jpg

前回のブログでも書いたように、ホームセンターでベースを作るべく
木材を購入したものの、歪みがひどくこれは却下。

新たに画材具店でF10なる木製パネルを購入し、これをベースとしました。
サイズは455×530㎜です。

その上に100均で売っているカラーボード(厚さ10㎜のスチロール)を接着。
先におおよその形を切り出してからスチロール用の接着剤で固定。
都合9枚ほどカラーボードを重ね、その上に厚さ1㎜のスチレンボードを使用。
色が不均一なのは、1色で9枚揃わなかっただけで意味はありません。

圧着するための重石には、最近日の目を見ずに本棚で眠っていた辞書たち。
・・・・どうでもいい話ですが、最近は調べ物があるとすぐにPC。
辞書を引くという行為が疎遠になっていますね。

線路の位置は下の画像の通り。
我が会のレギュレーションに従った90度のカーブ。
右端に見えるフレキはダミーです。

IMG_2643.jpg

うっかり線路面と地面との高さ調節を忘れ、
結局スチレンボードの上から厚さ2㎜のバルサを張りました。

バルサに筋目を入れるのを忘れ、100均で売っているカーペットを固定する鋲で矯正。
線路脇の隙間は、地面を造成する際に粘土なりパテなりで埋めていくことにします。

まだまだトレインフェスタ本番までには時間があるのですが、
その前に仲間内だけの品評会があります・・・・2月9日に・・・・。
なんとかそれまでに線路だけは接続できるようにしておかないと。
駿河湾に沈められないように頑張らねば!w

今日はここまで。

だいぶ遅くなりましたが、本年もよろしくお願い致します。 [鉄道模型(Nゲージ)・その他]

新年が明けて10日ほど経ちました。
遅くなりましたが、本年もよろしくお願い致します。

1月5日より、何かを思い出したかのようにNゲージを弄っております。
去年は、特に夏過ぎからはほとんどといっていいほど弄ってませんでしたからね。
で、今年の目標は『鉄道模型に関して、1日30分でいいから何かしらする』。

手始めに、購入後放置していた車間短縮ナックルカプラー(KATO)への交換。
黒は過去にUSA版のものを持っていたのですが、今回の国内版はグレーも発売。
・・・・何をいまさらな話なんですが。

IMG_2623.jpg

現状ウチはアーノルドなので、『反射板付グレーのおしり』である8両だけを交換。
TOMIXとKATOは無加工、マイクロエースはカプラー起始部を一部カットしています。


お次はこれまた購入後放置し、ナンバーすらつけていなかったKATOのDD13。

IMG_2626.jpg

ナンバー&メーカープレートの取り付けと、片側のカプラー交換のみです。
ちなみにカプラーは付属のものではなく、柄の短いEF66ナックルです。
取り付けたはいいものの、試走すらしていない・・・・。


さらにこれまた購入後放置していたBトレの上信電鉄デキ1。

IMG_2632.jpg

素組して、動力化して、GMのパンタ(PS13)をのっけただけ。
こちらは試走をしたものの、やっぱり軽すぎるよなぁ・・・・。
完品を求めているわけじゃないけど、隙間も気になるし・・・・。
一度ばらして、手を加えないとダメかなぁ・・・・。
そんなこといいながら、また放置しそうだけど・・・・。


ここからが本題。
今年は新作モジュールを一つ作らねばなりません。
2月に仲間内の集まりがあるので、それまでに線路だけは敷かないと。
構想はすでに練ってあるのですが、サイズにちょっと難がありましてね・・・・。

IMG_2630.jpg

ベースを作るべくホームセンターで材料こそ購入したものの、
いざ組んでみたら枠組みとなる木材のゆがみがひどくてガッタガタ。
仕方ないので一度ばらしてしまいました。

そんなわけでこの週末に、再度ベースからやり直し。
幸いこの連休で嫁さんが子供を連れて実家へ帰るので、心置きなく作業ができる!

<業務連絡>
芋電さん、週明けにはレールの長さ申告するから、もうちょっと待っててね。


今日はここまで。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。